旅の話その④
前回のつづき

そして、今回の旅でカミさんが1番楽しみにしていた三重県伊勢市へ行きました。

伊勢といえば伊勢神宮。

言わずと知れた日本人の総氏神様「天照大御神」を祀る神宮です。

伊勢神宮には「外宮」と「内宮」があり、順序としては外宮→内宮の順にお参りするのが良いとされています。

その前に、まずは腹ごしらえ。

a0212970_21281237.jpg

伊勢うどん 「つたや」 ★★★★★
伊勢で有名な伊勢うどんのお店です。文句なし!美味い!!

そして、伊勢神宮(外宮)へ・・・行く前にまずは猿田彦神社へ行きました。

猿田彦神社は、みちひらきの神様といわれる猿田彦大神が祀られている神社です。

猿田彦大神は、物事の始まりの際に道標となってくれる神様と言われており、、お伊勢参りへ行く前に参拝すると、道のりの安全を守ってくれるとも言われています。

そして伊勢神宮(外宮)へ。

外宮の中心となるお宮には、豊受大御神が祀られています。豊受大御神は内宮の天照大御神のお食事を司る御饌都神(みけつかみ)であり、衣食住、産業の守り神としても崇敬されているそうです。

外宮をひと通りお参りして、内宮へ。

伊勢神宮は、外宮と内宮の場所が全く別の場所にあるので、車で移動します。

内宮の中心となるお宮には、天照大御神(アマテラスオオミカミ)が祀られていいます。

あ、ちなみに僕は以前この天照大御神にまつわる「天岩戸伝説」をモチーフにした水彩画を描きました(´∀`)ノと、さりげなく作品をアピール

a0212970_21281365.jpg

【太陽の唄】


この絵の詳しい解説は、以前この絵のオーダーをいただいた時にブログに書きましたので、もしご興味のある方はどうぞ( ´ ▽ ` )絵の詳しい解説

内宮をひと通りお参りして、お伊勢参りをすべて終えるともう夕方になっていました。

内宮出口付近にある伊勢名物「赤福」で、赤福ぜんざいを食べました。
a0212970_21281331.jpg

肌寒かったのもあり、癒されました(*´ー`*)

伊勢名物といえば赤福!というくらい有名な赤福餅ですが、
a0212970_21281461.jpg

【赤福餅】


僕は断然「くうや観助餅」!
a0212970_21281475.jpg

【くうや観助餅】 ★★★★

粒の残った餅米の食感と、甘すぎない上品な味わい。伊勢では冠婚葬祭の時に食べる少し特別なお餅らしいです。オススメ!

こうして伊勢を堪能して、旅の目的をおおむね果たし、再び新潟を目指して帰路である名古屋へ向かいました。

つづく・・・

[PR]
by opengate0081 | 2017-01-12 20:39 |
<< 旅の話その⑤ 旅の話その③ >>