カテゴリ:アニメーション・動画( 4 )
こんばんは(^-^)

久々のブログアップです。

放置していたせいでブログに書きたいことが山ほどたまっているのですが、それは次回からのブログでさせていただくということで(^_^;)

今日は、明日の衆議院議員選挙の投票率アップのために制作した、短編アニメーション作品の紹介をさせていただきます。


短編アニメーション 【選挙へ行こう】


僕が初めて作った短編アニメーションです。

突然の衆議院解散で、全く準備をしていなかったものの、投票日までに間に合うように頑張って作りましたので、ぜひご覧ください(^-^)
[PR]
こんにちは(^-^)

ライブペイントの動画を作って、初めてYou Tubeに投稿してみました。

記念すべき動画第1弾は、今年の10月に北海道勇払郡厚真町で行われた「old camp 2013」でのライブペイントを妻が撮影してくれていたものを、windows ムービーメーカーで編集したものです。

BGMは、誰かの曲を使って投稿すると著作権に引っかかるので、「music studio producer (MSP)」というフリーの作曲ソフトで自分で作りました。

動画編集・投稿はもちろん、ムービーメーカーもMSPも初めて使うソフトだったので、機能などを覚えるまでが非常に大変(特にMSP!)でした。

今後アニメーションを作る際も、音楽は自分で作ろうと思っていたので、その練習のつもりで挑戦しました。

何でも諦めずにやれば出来るもんですね(^▽^)昔音楽をやっていた経験が今になって役立ちました。

今回作った曲のタイトルは「a fine old time」です。

a fine timeで"素敵な時間"という意味ですが、oldという単語は形容詞の後につけると意味を強める働きがあるらしく、a fine old timeで"とても素敵な時間"という意味になります。

old campがとても素敵なイベントなので、その「old」とかけてold campと主催のBar oldをリスペクトしています。

動画は1分56秒に短くまとめました。今回投稿した動画はこちらです。


「山口 剛史 ライブペイント in old camp 2013」

ライブペイント : 山口 剛史

音楽 : 山口 剛史 「a fine old time」



今後もライブペイント動画に限らず色んな動画をアップしていこうと思っていますので、You Tubeでもよろしくお願いしますm(_ _)m

チャンネル名は、「絵描きの花道 channel」です。
※チャンネルのURL : http://www.youtube.com/user/opengate021

You Tubeの検索窓で「絵描きの花道」で検索しても、僕のチャンネルや動画が検索出来ます。*^▽^)
[PR]
こんにちは(^-^)

今日は、先日作ったアニメーションの試作品をご紹介します。

家にあったキトリ(サンエックスのキャラクター)のぬいぐるみと、アジアン雑貨のお店で買ったカエルの小物入れを使った、1分48秒のストップモーションムービー(写真のコマ撮りムービー)です。

音楽は、「フリー音楽素材 H/MIX GALLERY」より、秋山 裕和さん作 「楽園の午後」 を使用させていただいています。(この記事を最初にアップした時点では、別の音楽を使用していましたが、都合により変更させていただきました。)

無断でキトリのぬいぐるみを使用させていただいているため、一般公開だと著作権に引っかかりますので、このブログに貼りつけているリンクからのみ閲覧できる限定公開になっています。

アニメーションの練習として仕事の合間に作ったものなので、他愛もない動画ですが良かったらご覧ください(^-^)


【キトリさんとカエルくん】



企画・制作・監督 : 山口 剛史

音楽 : 秋山 裕和 「楽園の午後」 (フリー音楽素材 H/MIX GALLERY より)
H/MIX GALLERY HP : http://www.hmix.net/



[PR]
こんにちは!

今日は僕の好きなアニメーション作品をご紹介します。

「伝えたいことをより受け取りやすい形で伝える」という点で、僕は今アニメーションに非常に興味を持っています。

例えば今年の参議院選挙で、「原発推進」「憲法96条、9条改正推進」「TPP推進」の自民党が圧勝してしまいましたが、これは民意というよりは自民党の組織票の力の結果だったと僕は思います。

その上で僕は、投票率を上げることの必要性を強く感じました。

自民党は、長い政権与党の歴史の中で様々な企業や組織と繋がっており、「自民党に勝ってもらわないと困る人たち」がたくさんいます。

それは自分の地位や立場を守るためだったり、会社を守るためだったり理由は様々ですが、そういう組織票をがっちりつかんでいるので自民党は選挙に強いのだと思います。

「自民党が負けて今までもらえていた仕事がもらえなくなったら、社員が路頭に迷ってしまう。」「自民党が負けると今の地位が危うくなる。そうなると家族が路頭に迷ってしまう。「上司の命令にさからうと会社での居場所がなくなる。」」等々、そういう色んなしがらみの中で自民党に投票している人たちにその考えを改めてもらうというのは、非常に難しいことだと思います。

今回の参議院選挙の有権者数が約1億478万人で投票率は52.61%ですから、約4965万人が投票していないことになります。

投票していない人のうち病気で寝たきりなどで投票できない人もいらっしゃると思いますが、自民党の総得票数は約2268万票、投票していない人たちの約半分の票(2482万票)があれば日本をひっくり返せるのです。

そう考えるとこの自民党の組織票に勝つためには「投票率を上げること」、つまり投票していない人たちに立ち上がってもらうことが大事なんじゃないかと思うのです。

投票率を上げるために、政治に参加することの大切さを伝えたい。もともと関心がない人たちにどうしたら関心を持ってもらえるか、僕に出来ることを考えてみました。

そういう難しい問題を、受け手がより受け取りやすいツールで伝える、その表現方法のひとつとして僕は「アニメーション」に興味を持ちました。

伝えたい内容に関心のない多くの人に作品を見てもらうには、メッセージ云々よりもまず作品そのもののクオリティーが高く、面白くなければ見てももらえません。

作品自体に関心を持ってもらった上で初めて、その中に込めたメッセージが伝わる可能性が広がります。

話が長くなりましたが(^_^;)、そんな流れで僕は今独学でアニメーションを勉強中です。

今日はみなさんにアニメーションの素晴らしさをお伝えしたく、僕の大好きな短編アニメーション作品をご紹介します。

どうぞご覧ください(^-^)


【La maison en petits cubes】
~つみきのいえ~




[PR]