カテゴリ:オーダーメイド( 27 )
長沼町にお住まいのN様夫妻から、時計型の絵のオーダーをいただきました。

きっかけは、別のお客様に時計型の絵を納品した際に、偶然隣の席に居合わせていたN様夫妻の目に止まり、「うちにも欲しい!」と声をかけてくださったのが始まりです。

後日N様夫妻のお家にうかがい、時計のサイズや飾る場所、絵のイメージなどを打ち合わせしました。

今回、作品のイメージの参考になったキーワードはこちらです。

・庭に桜の木とイチイの木が植えてあり、そこにうぐいすやエゾリスなどがよく遊びに来る。
・ご家族みんな音楽が好きで、よくお家にみんなで集まって演奏会のような催しをしている。
・お家の内装のほとんどが木の無垢材で出来ている。

これらを参考に、完成した時計を納品してきました。
a0212970_114824.jpg
【春の演奏会】

サイズ:330mm×330mm×35mm
画材:アクリル絵具(アムステルダムアクリリックカラー)
キャンバス・素材:木製電波時計

庭の桜の木が咲き始め、うぐいすやルリビタキなど春の訪れを告げる小鳥やエゾリスたちが集まり、みんなで春の訪れを告げる演奏会をしています。

桜の木はスズランのラッパを吹き、イチイの木はオオバコのバイオリンを弾き、エゾリスは木にぶら下げてある水晶玉でリズムをとり、小鳥たちが美しい歌声を響かせています。

時計は既製品の電波時計を仕入れて分解し、文字盤をヤスリで削り、絵を描いて再び組み立てました。

素材は、無垢材で出来たお家の雰囲気を損なわないように、全体が木製の時計を選びました。

完成した時計は、食卓側のカウンターキッチンの上の壁にかけていただきました(^▽^)
a0212970_15202851.jpg

余談ですが、既製品を使った作品を販売する際に、古物商の免許が必要だということを友人に聞き、今年古物商の免許を取得しました。

北海道公安委員会 古物商許可証
第101280001881号

免許は、都道府県の公安委員会に申請すると、40日〜60日位で取得出来ます。(申請費用19000円)

参考URL:http://www.recycle-tsushin.com/kobutsu.html
[PR]
友人が新しく始めたカレー屋「GOZA Curry」。

そのGOZA Curryがイベント等に出店する際に使う、看板のオーダーをいただきました。

友人の希望で、看板が出来ていく過程もお客さんと一緒に共有したいとのこと。

そこで今回は、友人が企画したGOZA Curryのカレーをお客さんに振る舞うイベント中に、お客さんの前で看板を描くことになりました。

イベントの会場になったのは、札幌市中央区のCafe Raw Life。

イベントは昼頃から始まり、訪れたお客さんにGOZA Curryこだわりのカレーが振る舞われていました。

僕は、看板のキャンバスを作るのに少し時間がかかり、夕方お店に到着しました。

a0212970_532511.jpg

看板制作(ライブペイント)の準備をして、まずはGOZA Curryのカレーを食べてみました。先に食べてからの方が看板のイメージがつかみやすいと思ったからです。

僕が頼んだのはこちらのカレーです。
a0212970_5325246.jpg

早速食べてみると、想像していたよりずっとうまい!!(((o(*゚▽゚*)o)))

これで看板制作のモチベーションが一気に上がり、約2時間で看板が完成。

完成した看板がこちらです。
a0212970_5325426.jpg
【GOZA Curry 看板】

サイズ:2100mm×1800mm
画材:アクリル絵具(アムステルダムアクリリックカラー)
キャンバス:ベニヤ板


看板の形は友人の希望で、イベントで出店する際に車に直接立てかけて使えるように、L型にしました。

また車で持ち運べるように、コンパクトに折りたためるように加工しました。

中央のAの文字あたりと、右側の上に伸びている部分が、調度半分に折りたためます。

a0212970_5325711.jpg
完成した看板とGOZA Curryオーナー(友人)


イベントは夜まで続き、終始たくさんのお客さんで賑わっていました。

カレーはめでたく完売(^▽^)パチパチパチ
[PR]
先日、お世話になっているA様から、絵のオーダーをいただきました。

北海道を離れてしまうご友人に、絵をプレゼントされたいとのことでしたので、早速A様と打ち合わせをし、お伺いしたご友人の情報を元に、絵の構想を練りました。

<今回のキーワード>
・ご友人は女性の陶芸家さん
・愛猫を2匹飼っている
・北海道から山形県へ転居される

ご友人のブログに愛猫が良く登場していたので、そのブログも参考にさせていただきました。

完成した作品はこちらです。
a0212970_0241286.jpg
【ベニバナ咲く道】
サイズ:200mm×200mm
画材:透明水彩(ホルベイン)
キャンバス:水彩紙(ホワイトワトソン)


ご友人が陶芸をしている横で、2匹の愛猫がその様子を見ています。

その奥には道が続いていて、その道の脇にベニバナ(山形県の県花)が咲いています。そして、その道の向こうには光がさしていて、その上には虹がかかっています。

虹は、正しい方向に進んでいる時のサイン。(と僕は思っている)

それらを統合して、「ここ(北海道)から先へ続く道(山形県への転居)は、明るく開けていて、きっとすべてが良い方向へ向かっていく。」という思いを込めて描きました。

先日A様から、無事に絵をお渡し出来たとの連絡があり、とても喜んでいただけたようです。( ´ ▽ ` )ヨカター
[PR]
いつもお世話になっている苫小牧市のT様から、ご自身が経営されているお店の店内に飾っていただく絵のご注文をいただきました。

打ち合わせさせていただき、お店のママさんが飼っている2匹の愛犬を描くことになりました。

完成した絵がこちらです。
a0212970_1925445.jpg
【小さな守り神】
サイズ:300mm×400mm
画材:透明水彩(ホルベイン)
キャンバス:水彩紙(ホワイトワトソン)


沖縄のシーサー(守り神)のようなイメージで、対になっている2匹の愛犬を描きました。

飾っていただくお店が飲食店(スナック)なので、「いたわり」「思いやり」「慰め」「感謝」など飲食店にぴったりの花言葉をもつポピーの花を、愛犬のまわり一面に描きました。

実は以前に、T様にご注文いただいた絵がすでに店内に飾られており、今回の絵と合わせて2枚の絵を店内に飾っていただけることになりました。

以前から店内に飾っていただいている絵はこちらです。
a0212970_1925621.jpg
【季節の語り部】
サイズ:420mm×297mm
画材:透明水彩(ホルベイン)
キャンバス:水彩紙(ホワイトワトソン)


毎度ありがとうございますm(_ _)m

今回ご紹介した2枚の絵は、苫小牧市大町にあるスナック「Shiina」(シーナ)に飾っていただいています。

苫小牧にお越しの際は、ぜひスナック Shiina(シーナ)へ足をお運びいただき、きれいなママさんと美味しいお酒と、ついでに僕の絵を見に来て下さい(^▽^)

以下、スナック Shiina(シーナ)の詳細です。


【スナック Shiina】(シーナ)

住所:北海道苫小牧市大町2丁目1-6 K-1プラザ1F

TEL:0144-35-0417

※営業時間や定休日等は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ下さい。
[PR]
先日、北海道滝川市にお住いのお客様にご注文いただいた作品を納品してきました。

今回ご注文いただいたオーダーの内容は、「大きな木のまわりに動物たちが集まっているようなイメージ。」「その木を『逆木』(さかき)にしてほしい。」というものでした。

木のモデルは、滝川のとある公園に実在するお客様お気に入りの木です。お客様のお気に入りの場所(隠れ家?)なので写真は載せられませんが、その公園の木の横には大きな赤い岩があります。

当初、『逆木』というのが何のことかわからなかったのですが、色々調べていくうちにお客様のおっしゃっている逆木が、おそらくカバラの生命の樹(上に伸びている木と対になって根の方向にも伸びている木)のようなイメージを指していると推測。

またお客様が逆木のお話をされていた際に、神棚に祀られている榊(さかき)や日本神話の天岩戸伝説と関連があるようなことをおっしゃっていたので、そのことについても色々調べました。

天岩戸伝説とは、太陽神である天照大御神(アマテラスオオミカミ)が、スサノオ(天照大御神の弟)の乱行を恐れて岩戸に隠れてしまった時のお話です。

天岩戸伝説について詳しくはこちら→【天岩戸伝説】

調べていくうちに、逆木と天岩戸伝説、モデルになる滝川の公園の木とが、うまくリンクしていきました。

それらをもとに完成したのがこちらの絵です。
a0212970_12443028.jpg
太陽の唄



絵のイメージは、「太陽を迎える儀式」。天岩戸伝説で、太陽神であるアマテラスオオミカミが隠れていた岩戸から出てきて、暗闇になっていた世の中が再び明るくなる様子をモチーフにして描きました。

絵に描かれているものが、それぞれ天岩戸伝説に登場する神様などを表しています。


ニワトリ…八百万の神々がアマテラスオオミカミを岩戸から引き出す際に、集めて鳴かせた長鳴鶏(ながなきどり)

木の横の大きな赤い岩…アマテラスオオミカミが隠れた岩戸(モデルになった滝川の木の横にある赤い岩ともリンク)

…お供えにした八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)

クジャク…岩戸の前で、逆さにした桶の上で陰部を出して踊り狂って神々を笑わせた天宇受賣命(アメノウズメノミコト)

ゾウ…岩戸のそばに隠れ、アマテラスオオミカミの手をつかんで引き出した手力男命(タジカラオノミコト)

上下逆さまに伸びた木…アマテラスオオミカミの姿を映すための八咫鏡(やたのかがみ)をかけた榊の木(逆木=榊)
※また、上下に伸びた木の左右が反転していることによって鏡(八咫鏡)を表わしています。

岩陰から昇る太陽…アマテラスオオミカミ(太陽神)が岩戸から出て、世の中が再び明るくなる様子



P.S. 余談ですが、この絵は一度完成間近まで描いたのですが、どうしても絵が気に入らず、また一から描き直しました。

その時の決断たるや、富士山を9合目まで登ったところで頂上に立ようと思っていた旗を忘れたことに気づき、旗を取りに行くために来た道を引き返して、もう一度下から登ろうという位の決断です。(おおげさ)
[PR]
先月位がお正月だったような気がしますが、気づけばもう12月…(゜o゜)

時が経つのは早いですなあ。

この度札幌市東区に「蕎麦 さとやま」というお店がオープンするにあたり、お店の壁画やショップカードなどを制作させていただきました。

お店のこだわりは、真の「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」がしっかり出来たそばをお客様に提供すること。

また、だしは鰹本枯本節二年物と北海道産の鰹節を都度店内で削り、かえしは大豆・小麦・塩のみの熟成醤油と三年熟成のほんみりんとさとうきび粗糖を合わせ、二週間以上寝かせたものを使用しているそうです。


その「蕎麦 さとやま」の外壁に壁画を描かせていただきました。

お店のイメージカラーの草色を入れて欲しいとのことで、そばのざるに使われる竹と、里山(さとやま)に良く見られる竹林とをかけて、竹の絵を墨で描いたようなタッチで描きました。
a0212970_14405327.jpg


玄関部分には、北海道の街路樹に良く見られるナナカマドの木を描き、のれんをくぐって里山に入っていくような雰囲気にしました。ナナカマドの実は冬になっても実が落ちないので「味(み)が落ちない」とかけています。また、ナナカマドは北欧では魔除けの意味があります。
a0212970_1441634.jpg


お店の名刺になるショップカードもデザインさせていただきました。

二つ折りになっていて、たたむと名刺サイズの大きさです。
a0212970_1205384.jpg
表側


a0212970_121628.jpg
内側


メニューの写真や、店内に貼られている製粉工程のパネルの写真は、写真をやっている妻が撮影しました。

夫婦で一緒の現場で仕事をするのはおそらく初めてでしたが、とても楽しい経験でした。ありがとうございます。


「蕎麦 さとやま」は、いつでも自家製粉&手打ちの美味しい三たてそば(挽きたて・打ちたて・茹でたて)が食べられます。

僕のおすすめは「炭焼き鴨せいろ」です。

みなさんぜひ足を運んでみてください。(^-^)

以下店舗詳細です。

【蕎麦 さとやま】

営業時間 :
<平日>
11:00~16:00 (LO 15 : 30)
<土・日>
昼の部 11:00~15 : 00
夜の部 17 : 00〜20 : 00 (LO 19 : 30)

定休日 : なし

TEL : 011-702-0139

住所:北海道札幌市東区苗穂町10丁目3-15

駐車場 : 16台

※営業時間、及び定休日が変更になっている場合があります。最新情報はHPにてご確認ください。

【蕎麦 さとやま HP】
http://soba-satoyama.com

【地図】
a0212970_15171163.jpg


最寄り駅:
【地下鉄東豊線 環状通東駅】から約2km
【JR千歳線 苗穂駅】から約2km

最寄り駅からのバス:
◇環状通東バスターミナルより、
・中央バス【東60 北15条線 地下鉄白石駅行き】
・中央バス【東62 本町線 東営業所行き】
・中央バス【東69 北札苗線 あいの里教育大駅前行き】
のいずれかに乗車し、「本町2条8丁目」で下車、徒歩5分

◇苗穂駅バス停より、
・中央バス 【環3 苗穂(循環)線 東営業所行き】
に乗車し、「東栄中学校前」で下車、徒歩2分
[PR]
前回のブログに引き続き、新作の紹介です。

1点目は、苫小牧に住む友人からのウェルカムボードのご注文です。

今回のお二人の結婚式のテーマ、キーワードが「感謝の気持ち」「ギフト」「縁を結ぶ」ということで、お二人の思い出のイルカや、生前新婦のおばあちゃんが好きだった白いユリの花、お二人の門出に相応しい花言葉を持つバラの花、アイビー、福寿草の花々等が、1本のリボンのように繋がって、結ばれているというイメージで描きました。

a0212970_23211998.jpg
「Yohei & Hitomi 結婚式 ウェルカムボード」

420mm×297mm(水彩紙 ホワイトワトソン) 透明水彩


お二人は、先日めでたくご結婚されました。どうぞ末永くお幸せに(^-^)


2点目は、10月11日(金)~10月13日(日)に北海道勇払郡厚真町の大沼野営場で行われた「old camp 2013」でのライブペイント作品です。

old campは今年で4回目、毎年楽しみにしているイベントです。

今回のライブペイントは、イベント3日間のうち最終日の昼前から夕方にかけて描かせていただきました。

出来上がりはこんな感じです。

a0212970_2329851.jpg
「old camp 2013 ライブペイント」

1800mm×900mm(ベニヤ板) アクリル
所要時間約6時間


今年のold campも色んなライブや出店、新しい出会いや再会もあり、とても楽しい時間を過ごせました。

クロちゃん、スタッッフのみなさん、出演、出店されたみなさまありがとうございました!

今回のold camp 2013のライブペイントは、奥様が動画を撮ってくれていて、ただいま編集作業中です。編集後は2分半位の動画にする予定です。

完成したらブログで紹介&You tubeにアップ(初めての試み)しますのでどうぞお楽しみに!
[PR]
こんばんは!

今日は、新生アトリエで制作した作品を2点紹介します。

1点目は、1800mm×900mmのベニヤ板に描いたアクリル画の作品です。

a0212970_0592474.jpg
「喜びの歌」


北海道滝川市に住む友人からのご注文で、ご注文のイメージが「動物、人などが輪になって繋がっている、明るく楽しい絵。」だったので、森の中で大人や子供、動物たち、木々や花などが輪になって、みんなで音楽を奏でている絵を描きました。

楽しそうでしょ?(*´ー`*人)。


2点目は、水彩画(305mm×203mm)の作品です。

a0212970_195240.jpg
「precious to me」


茨城県に住む女性からのご注文で、お母様への誕生日プレゼントということで、お母様の好きなスイートピーと、飼っている猫さんのコラボレーションを描きました。

ご実家の茶の間に飾っていただけるそうです。


ご注文ありがとうございます(^-^)
[PR]
こんばんは(^-^)

先日、ご注文いただいていたウェルカムボードをお届けしてきました。

今回ご結婚される幸せなお二人は、日本人の女性とカナダ人の男性です。国際結婚(*´ー`*人)。ステキー

奥様が、札幌のお店に置いてあった僕のポストカードを見て、絵をとても気に入ってくれたのが始まりで、今回のウェルカムボードは、奥様が一番お気に入りの絵をもとにして制作させていただきました。

今回のウェルカムボードのもとになった絵はこちらです。

a0212970_2375194.jpg
【こんにちは。】



この絵のキリンと小鳥が、お二人と重なって、まるで自分たちのようだと思ってくれていたとのことで、打ち合わせの結果、この絵にお二人の要素を加えて、アレンジすることになりました。

出来上がりはこちらです。

a0212970_23244113.jpg
コンパネ板(680mm×550mm) アクリル ウレタンニス


お二人の好きなヒマワリとベイビーピンクのバラ、奥様の故郷の沖縄にちなんだハイビスカス、アクセントにヒマラヤに咲くメコノプシスという青い花を描きました。

メコノプシスは別名「天上の妖精」と呼ばれており、木の上からキリンに微笑みかける小鳥とかけています。花言葉は「深い魅力」。

旦那様のご要望で、キリンの首にはボータイ、小鳥はティアラをかぶっています。また、絵のどこかに漢字を入れてほしいとのことでしたので、木の幹に「信頼」という字が描かれています。

ウェルカムメッセージは、奥様のご要望によりさりげなくしました。

結婚式は来月、カナダにてガーデンウェディングを予定しているそうで、奥様は、今月カナダに旅立つとのことでした。

どうぞ末永くお幸せに(^-^)
[PR]
おはようございます(^-^)

先日、友人からのオーダーで、丸い掛け時計型の絵を納品させていただきました。

打ち合わせの際、「丸い額の絵が良い」という友人のご要望を受け、文字盤に絵が描かれている丸い掛け時計はどうかと提案させていただき、制作しました。

市販の掛け時計の中で、分解が比較的容易で、予算内に収まり、なおかつイメージに合う木枠の時計を見つけ、一度時計を分解。

水彩紙を文字盤の部分に調度収まるように丸くカットし、絵を描いて貼りつけ、また元通り組み立てて完成です。
a0212970_7261063.jpg
My favorite things


絵の中に描かれているイメージ(車いすに座るおばあちゃんとその話を聞く人たち、凧揚げやシャボン玉で遊ぶ子供たち、寝転んでお腹を見せている動物たち、寝転んで本を読んでいる青年、等々)は、ほぼ全て友人があらかじめ具体的に示してくれたものです。

友人のプライベートに深く関わることなので詳しくは書きませんが、友人にとって「時計」が、友人の生い立ちやご両親ととても深いかかわりがあったことを後で知りました。

時計の文字盤に絵を描くというのは初めての試みで、上手く出来るかドキドキでしたが、とても喜んでいただきました。ありがとうございます(^-^)
[PR]