<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
こんばんは!

先週末、友人と天売島へ行ってきました。

天売島は、北海道の北西部にある島で、海鳥繁殖地として国の天然記念物に指定されています。

日本で唯一この島に生息している絶滅危惧種のウミガラス(オロロン鳥)をはじめ、ウトウやオオセグロカモメ、ウミネコ、ケイマフリ、ウミウなど、100万羽以上の海鳥の聖地です。

毎年この時期になると、50万羽以上いるといわれるウトウの帰巣シーンが見られるということで、天売島へ2泊3日の旅に行って来ました。

夜22時頃当別町を出て、車で約4時間位で苫前郡羽幌町に到着。

フェリーが朝8時なので、それまで羽幌のビーチにテントを張って一泊。

朝起きて朝食を済ませ、テントをたたんでフェリーで天売島へ向かいました。(大人1名 片道2410円)

a0212970_22434674.jpg


a0212970_22434898.jpg


フェリーは途中、焼尻島を経由して約1時間半で天売島に到着。

フェリー乗り場前のレンタル自転車屋さんで自転車を借りて(一日1000円)、島を探査しました。

a0212970_22434986.jpg


天売島は人口400人弱、一周約12kmの小さな島なので、半日もあればゆっくり島を見てまわれます。

島の西海岸には人が住んでおらず、地面には無数の穴ぼこがあいています。この穴ぼこがウトウの巣だそうです。

a0212970_22435071.jpg


ウトウがこの島に50万羽以上生息しているということは、島の穴ぼこを全部数えたら50万個以上あるのでしょうか。神秘です。

西海岸は崖になっていて、海が澄んでいてとてもきれいでした。

a0212970_22435232.jpg


上の写真のとがった岩は赤岩と呼ばれている岩で、絶滅危惧種に指定されているウミガラス(オロロン鳥)が、現在この赤岩付近に生息しているそうです。

かつて島にたくさん生息していたウミガラスも、現在では20羽程しか確認されていません。

ウミガラスは海に潜って魚をとる習性があるため、漁師の網にかかってしまったり、天敵の増加、エサ資源の減少等により、次第に数が減少したと考えられています。

ウミガラスは直接目では確認出来ませんでしたが、この西海岸の崖の下からウミガラスの鳴き声が頻繁に聞こえました。

ウトウの帰巣シーンが見られるのは夕方日没頃なので、それまで島をゆっくり探索しました。

18:00頃、再び西海岸に来て、ウトウの帰巣シーンを待ちました。

夕陽がとてもきれいでした。

a0212970_22435318.jpg


a0212970_22435444.jpg


19:00を過ぎて、日がおちて辺りが暗くなってきた頃、南西方向からウトウの群れがこちらに向かって飛んできました。

その後から、ウトウの群れが途切れることなく次々と飛んできます。今まで見たことのないすごい光景でした。

辺りが暗く写真におさめられなかったのが残念です。

ウトウはこの時期、巣穴の中で待っているヒナのために朝早く小樽の海へ飛び立ち、口にいっぱい魚をくわえてかえってきます。

そのウトウが苦労してヒナのためにとってきたエサを、オオセグロカモメがウトウの巣の近くで待ち構えて横取りしようとします。

そのため、ウトウはエサをくわえてかえってくると、一直線に自分の巣穴に飛び込んでいきます。

オオセグロカモメが巣の近くにいて危険な時は、巣に戻らず一度旋回してタイミングを見計らいます。

タイミングを間違えるとオオセグロカモメにエサを横取りされてしまうため、みんな必死です。

そのほとばしる生命力に心が震えました。

ウトウの群れは約1時間以上、辺りが真っ暗になるまで続きました。

夜は、西海岸からさらに坂を登った所にある見晴らし小屋の近くの小さな駐車場にテントを張って眠りました。

翌朝、10:30頃のフェリーで羽幌に戻り、苫前の温泉や雄冬の展望所等、ちょっと寄り道しながら地元へ帰りました。

自然に癒されて、たくさんの感動に出会えたとてもいい旅でした!

誘ってくれた宮ちゃんありがとう!!
[PR]
by opengate0081 | 2012-07-24 21:02 |
こんにちは!

先週末は、友人と天売島に行ってきました。

a0212970_9492531.jpg


a0212970_9492971.jpg


天売島は、ウトウやオオセグロカモメ、ウミネコ、ケイマフリ等、100万羽以上の海鳥が生息していて、日本で唯一、絶滅危惧種に指定されている「オロロン鳥(ウミガラス)」が生息する島です。

天売島でのキャンプの模様は、次回のブログでアップしますので、お楽しみに!


7月19日(木)、札幌市北区のCafe Raw Lifeで、月一恒例イベント「Raw Lifeだよ!全員集合!」が開催されました。

毎回異常な盛り上がりをみせるこのイベント。

今月も、かたつむりスピードと木村 優斗さんのLIVEに、僕のライブペイントという形式で行われました。

今月のライブペイントは、Raw Lifeのオーナーマッスのご要望で、Raw Lifeのイベント出店用看板を描かせていただきました。(幅約40cm×高さ約90cm。)

a0212970_9493172.jpg


完成した看板は、ライジングサンロックフェスティバルなどのイベントに出店する際に、使っていただけるそうです。

今月もたくさんの方々にご来場いただきました。

来てくれたみなさんありがとうございます!!
[PR]
おはようございます!

今日の当別は快晴です。

今朝は畑の野菜の手入れをしました。

忙しくて中々毎日見てあげられないので、時々見に行っては雑草に囲まれていたりすねて倒れていたりする野菜に「ごめんねー。」と謝りつつ手入れしています。

それでもみんな何だかんだ元気に育ってきていて、収穫が楽しみです。

さて、今夜は札幌市北区にあるCafe Raw Lifeでの月一イベント「Raw Lifeだよ!全員集合!」の日です。

毎月盛り上がり方が半端ないので、今月も楽しみです。

みなさまお誘い合わせの上、遊びに来てくださいー!!

以下詳細です。


「Raw Lifeだよ!全員集合!」

開催日時:2012年7月19日(木)

OPEN 18:30    START 19:00

入場料 : 1500円(要ワンドリンクオーダー)

<LIVE>
かたつむりスピード

木村優斗

<ライブペイント>
山口 剛史

場所 : cafe Raw Life

お問い合わせ : 011-215-6212

住所:北海道札幌市北区北24条西10丁目1-10
※スーパー「ARCS」隣り

<交通アクセス>

北大通りを、札幌駅方面から麻生方面に向かい、
北24条通り(北23条と北24条の間の通り)を左折。

しばらく直進すると、右手にスーパー「ARCS」が見えてきます。

その「ARCS」を過ぎて、ひとつ目の信号の手前の路地を右折。

すぐ左手にあるお店がcafe Raw Lifeです。

※最寄り駅:地下鉄南北線「北24条駅」より徒歩9分。
[PR]
うーむ暑い(-。-; ジリジリ

今日も札幌は暑いです。もう夏ですねー。

夏といえば、フェス!!

というわけで先週末、余市郡余市町のハル農園にて、友人たちと「手さぐりフェス」という名のフェスを開催しました。

今年の4月に、札幌から泊村までの100Kmを一緒に歩いた「さっぽろ〜泊ピースウォーク」のメンバーが中心となって企画したフェスで、ピースウォークのメンバーのひとりである小春ちゃんが管理、運営する余市の「ハル農園」を会場に、音楽と食をテーマにして開催しました。

フェスの2ヶ月前位から、実行委員みんなで話し合い、それぞれの出来ることを手分けして準備を進めてきました。

2日間のキャンプイベントで、せっかく田舎の農園を会場にするので、音楽だけでなく、農作業体験や、生きている鶏が食べられるようになるまでの過程を体験する「鶏しめ体験」、食事はみんなで共同自炊するなど、お客さん参加型で楽しめるようなフェスになりました。

a0212970_1301019.jpg
LIVEの模様


a0212970_1301263.jpg
鶏しめ体験


a0212970_1301214.jpg
2日目の昼食



僕は当日ライブペイントもしました。

完成した絵は、小春ちゃんのご好意により、ハル農園敷地内のバイオトイレのドアに設置させていただきました。
a0212970_1301327.jpg


2日間、あっという間でしたが、本当に楽しくて貴重な体験でした。

農作業が忙しい中、会場を提供してくれてフェスの成功のために協力してくれた小春ちゃん、準備から運営、片付けまで一緒に頑張った実行委員のみんな、食材を提供してくれたり色んな形で協力、応援してくれたみなさん、出演してくれたアーティストのみなさん、当日来てくれたみなさん、本当にありがとうございました!

実行委員一同「来年もやるぞー!」と意気込んでおります。

今年来られなかった方も、来年はぜひ余市の「手さぐりフェス」へ!!
[PR]
こんばんは!

最近バタバタしていてブログ更新出来ませんでした。

というわけで(どういう?)、今週末は余市でフェスやります!!

音楽あり、農作業体験あり、鳥しめ体験ありの、泣く子も笑う参加型フェス、その名も「手さぐりフェス」!!

色々初めての試みなので、実行委員一同手さぐりながら準備を進めてきました。

僕は当日ライブペイントもします。

ぜひお誘い合わせの上、遊びに来てください!!

以下イベント詳細です。


「手さぐりフェス」

日時 : 2012年7月14日(土)~15日(日)

OPEN  12:30   START  13:00~

※ 雨天決行(荒天の場合は中止)


会場 : エコビレッジ余市ハル農園(瀧谷方)
    
住所:北海道余市郡余市町登町1863


☆入場無料☆
※各種体験会の参加費や食事代、会場使用等の運営費はカンパ制です。


イベントの詳細はこちら
<手さぐりフェスブログ> http://blog.goo.ne.jp/tesagurifes



【タイムテーブル】


7月14日(土)

12:30 開場・各種申込開始 

13:00 フェス開始

13:00~15:00 農作業体験

15:00~18:00 音楽とおやつと飲み物


<LIVE>

15:00~ キッチンドリンカーズ

16:00~  かたつむりスピード

17:00~ 木村 優斗(N'DANA)


<ライブペイント>

山口 剛史


<出店>

Konokono

cous cous oven+hoppers


<おやつ>

苫小牧の宮ちゃん特製おからドーナッツ


18:00~共同炊事&夕食
※余市でとれた食材を中心に参加者で炊事・一緒に夕食


夕食後はフリータイム
※会場の瀧谷邸リビングで映像上映
※近隣温泉へ ・・・etc

※夜はテントでの寝泊まりとなります。
テントや寝具はご自分で準備してください。



7月15日(日)

6:30 朝の体操

7:00 朝食(パン、スープ、コーヒー)
※遅くおきた人用に10時ぐらいまで対応
 
8:00頃 小春ちゃんによる農園探索
瀧谷さんの農地~山林までくまなく探索している管理人小春ちゃんがガイドとなって自然いっぱい散策ツアー
 
10:00頃 鶏しめ体験
※鶏からミンチ肉を作るまで過程を体験します。

12:00 共同炊事(ベジカレーと鶏肉料理)

13:00~音楽ライブ


<LIVE>

まっつん

アイヤキー


<出店>

Konokono

cous cous oven+hoppers


15:00頃 フェス終了予定


*各種体験やお食事は事前にご予約頂けるととても助かります。ご協力お願いします。
ご予約先はこちら。

お問い合わせ : 手さぐりフェス事務局
電話 : 080-1897-1288(こうの)
E-mail : tesagurifes@mail.goo.ne.jp

主催 : 手さぐりフェス実行委員会

協力 : 北海道エコビレッジ推進プロジェクト
     スルジェ農園
[PR]
こんにちは!

6月28日(木)、札幌市北区のCafe Raw Lifeの月一イベント「Raw Lifeだよ!全員集合!」でライブペイントしました。

今月は特別ゲストでフランス人ミュージシャン「ケンジャ」さんのLIVEがありました。また、イベント終了後、これまた飛び入りゲストで島牧村出身のシンガーソングライター「マサシ(中田雅史)」のLIVEもあり、盛り沢山な1日でした。

僕の今回のライブペイントの絵は、オーナーマッスのご好意でRaw Lifeの入口にある黒板の裏側に設置してもらえることになりました。

黒板のサイズが縦900mm×横1800mmのため、今回は横長のライブペイントに挑戦。

お客さんから絵が見えるように、大判用イーゼルを使って絵を高めに固定してライブペイントしました。
a0212970_12252189.jpg

今月も本当にたくさん方々にご来場いただきました!ありがとうございます!!
[PR]