人気ブログランキング |


前回の続き、お店屋さんごっこ DIYの完成編です。

a0212970_13382793.jpeg

a0212970_13384608.jpeg

こんな感じになりました。

ゲートにかける布は手芸屋さんで購入。カミさんに縁を縫ってもらい、タッカーと両面テープでゲートに固定しました。

100均でお皿、スプーン、フォーク、ディスプレイ用の木箱や収納用のカゴなどを購入。

a0212970_13503229.jpeg

塩・こしょうはビンにワタを詰めて入ってるように見せています。

黒板は、100時で購入した木の案内板のようなものに黒の黒板塗料を塗って作りました。

a0212970_13513041.jpeg

前面が少し寂しかったので、パソコンでメニューを作って貼りました。キャッシュトレイは家にあった木箱のフタをちょっと加工して作りました。

本体の仕上げのWAXですが、人体に害がなく子供にも安全な「未晒し 蜜ロウワックス」を使いました。

a0212970_13594960.jpeg

ワトコオイルとも相性が良く、撥水効果もあり、テーブルの天板など水がかかる可能性のあるものに使えるため、うちの手作り家具の仕上げに良く使います。

シンプルにあまりお金や手間をかけず作るつもりが、結局やり出すと楽しくなって色々凝ってしまいました(笑)

トータル制作時間 約10時間
総額 9300円 + α (元々持っていたものを使用)
<内訳>
本体材料費:5000円
食べ物おもちゃ:2100円
100均装飾品 :1700円
50mm ビス:150円
布:350円
※黒板塗料、ワトコオイル、蜜ろうワックス、キャッシュトレイ、釘、一部のおもちゃ、小皿、ビス等は所有物を使用


# by opengate0081 | 2019-09-25 13:36 | 自給自足・DIY
前回の続きです。

土台と天板をつなぐのに、50mmのビスが調度良さそうなので、地元の金物屋さんに買いに行きました。

151円のビスを買ったら、「南瓜食べます?」と店員さんに聞かれ、なぜかお土産に南瓜を3つもくれました。٩(ˊᗜˋ*)وヤッター

いつも安さ重視でホームセンターやネット等で買うことが多い僕ですが、商品の値段だけでは測れない地元のお店の良さを改めて感じました。

購入したビスで土台と天板を固定します。
a0212970_21243497.jpeg
ビスを打ちやすいようにひっくり返して、

a0212970_21273726.jpeg
キリで下穴をあけて、ビスで固定します。

a0212970_21282678.jpeg
接続完了。

あとは土台を化粧板で囲います。
a0212970_21292015.jpeg

この板は結構薄いので、白い釘で打ち付けました。

a0212970_21301713.jpeg
組み立て完成。と思ったら、、

a0212970_21310949.jpeg
内側の棚部分に隙間があることに、化粧板を貼ってから気づきました。これではおもちゃが下に落ちてしまいます。

a0212970_21320283.jpeg
ツーバイをカットして穴を塞ぎました。幸い化粧板をはずさなくても固定出来ました。

さらに、怪我防止のためにヤスリで角を丸くするのを忘れてました。塗装する前にやるべきでした。大体出来上がってから、必ずこういううっかりミスがあります。

今回は大丈夫でしたが、ひどい時は一度取り付けたものを全部はずしたりしないとミスを修復出来なかったりすることもあります。;^_^A

まあ自分の頭の中で勝手に設計を考えて作ってるんですから、仕方ないのですが。

a0212970_21421837.jpeg
角をヤスリで丸くし、ヤスリをかけた部分を再塗装しました。

これで組み立ては完成。塗装が乾いたらWAXを塗り、ゲートに布をかけたり、お店屋さんぽく装飾します。

というわけで続きはまた後日。

# by opengate0081 | 2019-09-21 21:12 | 自給自足・DIY
先日、4歳になる娘の誕生日プレゼントを選びに、おもちゃ屋さん(トイザラス)に行きました。

「好きなもの1つだけ選んでいいよ。」と娘に選ばせてみることにしましたが、ひと通り見てまわったものの中々決めることが出来ず、2時間位が過ぎた頃。

娘がお店ものを使って『いらっしゃいませ〜』とお店屋さんごっこを始めたので、「お店屋さんごっこにする?」と聞くと『うん!』と答えました。

お店屋さんごっこを探しましたが、それらしいものがなかったので、とりあえずお皿や食べ物のおもちゃだけ購入して、本体はDIYで作ってあげることにしました。

あまり大掛かりなものではなく、それなりのものをと思い、以前友人に譲ってもらったキッチンのおもちゃにくっつけて使えるカウンター的なものを作ることにしました。

まずは材料を購入するため、簡単な設計図を書きました。
a0212970_21045775.jpeg
こういうものを作る時は、お金と時間をかければいくらでも良いものは作れますが、僕は出来るだけお金と手間をかけないシンプルな作りで、なおかつ強度のあるものを目指します。

予算と相談し、天板と中板はパイン材、ゲートと足はツーバイ、骨組みは垂木より少し細い木、外側全体を囲うのに白い化粧板を購入しました。費用を抑えようと材料選びを色々工夫しましたが、結局トータルで5000円かかりました。;^_^A

後は設計図通り材料を切り、組み立てていきます。
a0212970_21231049.jpeg
↑これがテーブルと棚になる土台部分。

ビスを打つ時は必ず下穴をあけるのがポイントです。下穴をあけないと木が割れてしまいます。

打ち込むビスより少し細いキリで、ビスの長さより浅めに穴をあけてから、ビスを打ち込みます。例えば3.8mmのビスなら、ぼくは3.5mmのキリを使います。


a0212970_21285043.jpeg
↑これはカットした中板。これを先程の土台にのせます。

a0212970_21460361.jpeg
これがお店屋さんごっこの時に、店員さん側でお皿や食べ物を入れておくための棚になります。

この土台にのる天板とゲートを組み立てます。
a0212970_21475724.jpeg

土台に天板を固定するためにちょうどいい長さのビスがなかったので、組み立てはとりあえずここまでにして、先に塗装をしました。

a0212970_21503573.jpeg
↑DIYの定番、ワトコオイルです。今回はナチュラルな雰囲気に仕上げたかったので「ナチュラル(W-04)」にしました。

刷毛で塗って30分ほど乾かし、ウェスで拭き取ってから2度塗りし、耐水ペーパーでウェット研磨、再び布で拭き取ります。

あとは24時間放置。

a0212970_21575631.jpeg
ただいま放置中。。。続きはまた明日。


# by opengate0081 | 2019-09-20 20:52 | 自給自足・DIY