人気ブログランキング |


去年の冬のことですが、雪がチラチラ降り始め、もうすぐ根雪になろうかというころ。

いつも通る道から見えるわりと大きめのお地蔵さんが、お地蔵さんを守るために建てられた大きな屋根に潰されそうになっていました。

屋根を支えている柱(丸太)が倒れかかっていて、何とかお地蔵さんの首で支えているようなかなり危険な状態で、このまま雪が降ると間違いなくご臨終だろうと察しがつくレベルでした。

それから何日か、通り過ぎるたびに大丈夫かなーと心配になりながら見ていましたが、誰のものかもわからぬ土地のもので、しかも直すとなるとちょっと大掛かりなので、悶々と日々を過ごしていました。

しかしある日のこと、天気予報で近日中に大雪が降る予報になり、とりあえず応急処置だけでも思い、仕事帰りにビスとインパクトドライバーを持ってお地蔵さんのところへ行きました。

倒れかかった柱を起こし、長めのビスで屋根と柱を止めて応急処置をしようとしたのですが、それでもすぐ倒れてくるほど柱の地盤が弱くなっていました。

これ以上直すとなると大ごとになる、しかしこれは人の土地のものだ、ビスぐらいならと来てはみたが、変に大掛かりな修復はできない、しかし時間がない。

僕は迷ったあげく決断しました。

「この土地の人に怒られても、万が一弁償させられてもいい。僕の責任でこのお地蔵さんの屋根を直そう。」と。

家に一旦帰り、脚立と大ハンマー、杭になる垂木を何本か持ち、土を入れた土のう袋を何袋か車に積んで、再びお地蔵さんの所へ行きました。

倒れかかった柱を全て起こし、柱の倒れている側の地面に大ハンマーで垂木を深く打ちこみ、その垂木と柱をビスで固定。柱のまわりを大ハンマーで天圧し、持ってきた土を盛ってさらに天圧。

何とかあまり目立たない形で修復に成功。お地蔵さんが厳しい冬を越せますようにと祈って家に帰りました。

その2日後、大雪が降りました。お地蔵さんのところを通ると、屋根にこんもり雪が積もっていましたが、屋根が雪に負けずしっかりと立っていて、お地蔵さんは雪をかぶることなく守られていました。

「ああ、あの時迷ったが直して本当に良かった。」

そして僕はその時思いました。

自分が何かの行動について迷った時、それに関わる人が例えそれを喜んでくれなかったとしても、最悪自分がその責任を取らされたとしても、それでも自分がそれをやろうと思えるなら、僕はそれをやるべきなんだと。

その大切なことを、きっとお地蔵さんが教えてくれたのだと思いました。

それからその道を通ってお地蔵さんを見るたびに、何か誇らしいような気持ちになり、安らぎを感じるようになりました。

情けは人のためならず、お地蔵さんを救ったつもりが、本当は自分がお地蔵さんに救われていたのでした。

誰も知らない、僕とあのお地蔵さんだけが知っている秘密のお話です。


# by opengate0081 | 2019-07-31 23:32 | 日々の出来事
無農薬で田んぼをやっている人にとって「ヒエ」は天敵です。草刈りが終わった後に夜目を閉じるとヒエが目の前に現れ、時々夢に出てきては我々の生活を脅かします( ;´Д`)

ある程度伸びてきたヒエは、稲に非常に良く似ており見分けがつきにくく、しかも根がしっかり張られていて、草刈りの作業を手間取らせます。

というわけで、今さら僕が説明することでもないのですが、稲とヒエの見分け方について解説してみます。

まずは写真をご覧ください。

a0212970_00110579.jpeg

これ、左右の株どちらかがヒエでどちらかが稲です。

正解は、、、


左が稲、右がヒエです。どこで見分けるかというと、


a0212970_00141033.jpeg
↑これは稲のアップですが、葉っぱの根元(赤丸の部分)に白いヒゲのようなものが生えています。


a0212970_00171024.jpeg
↑こちらがヒエです。葉っぱの根元にヒゲがありません。1番わかりやすい(?)違いがこれです。

あと、葉っぱの模様が若干違います。

a0212970_00192227.jpeg
↑これが稲。


a0212970_00201924.jpeg
↑そしてこれがヒエです。

良く見ると葉脈とか中心の白い線とかがちょっと違いますよね。でもこれ立って草刈りしていると中々はっきり違いがわかりません。( ;´Д`)

ずっと草刈りしていると大体生え方とか色とか、何となく雰囲気でわかるようになってくるのですが、それでもわかりづらいのは一応近くでヒゲを見て確認します。

それでも時々勢いで稲をやっつけてしまうこともあります。

ザクッザクッ(´・ω・`)♫

ザクッ!

Σ(・□・;)!!!

ごめーん!(>_<)

てな具合に。今年はすでに3株位ご臨終したでしょうか。(少なめに言っています)

やっと今日で今期3回目の草刈りが終わりました。
a0212970_00441176.jpeg

無理しないように、1日2時間程度でコツコツやるので、1回の草刈りにつき何日もかかります。すると全部刈り終わった頃に最初に刈った列からもう草が生えてきているのです。

うんざりします。だから見なかったことにしてしばらく放置します。



# by opengate0081 | 2019-07-25 00:00 | 自給自足・DIY
6月初旬に田植えが終わり、エンドレスの草刈りが始まります。

草刈り第1回目は6月13日〜。

今年は草刈りのためにホームセンターでこんな道具を買ってみました。

a0212970_19311669.jpeg

これが立ったまま刈れて、結構スパスパ切れるのでかなり楽ちん。値段も1200円位とお手頃です。本来は庭用の草刈り器具として販売されています。

a0212970_19413340.jpeg

植え終わってから10日程しかたってないので、まだあまり生えていませんが、今年は重い腰をあげてこれぐらいのうちにコツコツと刈っていきます。(いえ、その予定でした)(´Д` )

a0212970_19420208.jpeg

去年までは田植え用の長靴を履いてやっていたのですが、今年初めて裸足でやってみようと思い立ちやってみると、すごく歩きやすい!!

なんだ長靴なんていらないじゃんヽ(*´∀`*)ノ裸足最高!!とハーフパンツに裸足で調子に乗って朝から晩まで裸足で草刈りしていたら、その夜両足が赤く腫れて謎の湿疹が!!

思いつく原因が田んぼしかないので、ネットで調べてみると「水田皮膚炎」なるものを発見。正確には「鳥類住血吸虫によるセルカリア性皮膚炎」。

田んぼに裸足で入った人全員がなるわけではないみたいだけど、長時間入ると良くないようです。

そういえばカミさんも田植えの時に裸足で田んぼに入った時すぐに真っ赤に腫れてました。カミさんは皮膚が弱いからと思って気にしてなかったのですが、まさか自分もなるとは(T_T)

しかもこれがめっちゃかゆくて全然治らない。結局1週間位この湿疹に苦しみました。

これに懲りて、ちょっと歩きづらいけどちゃんと長靴を履いてゴム手袋をして作業することにしました。みなさんも田んぼに長時間入る時は気をつけてくださいね。

ゴム手袋と長靴を履いて作業するようになってから、水田皮膚炎にはならなくなりました(*´ー`*人)。

6月27日〜。第2回目の草刈り。前回より草が増えています。

a0212970_20032229.jpeg


そして、7月13日〜第3回目草刈り。今回はだいぶ日にちが空いたので草がかなり生えています。

a0212970_20095970.jpeg

もうちょっと伸びる前にこまめにやる予定だったんですが、ちょっと油断しました。これから何日かかけて草刈り頑張ります;^_^Aひぇー

これは商売でやってる人はみんな除草剤使うわ!田んぼが何枚もあったらこんなことやってられないもの。


# by opengate0081 | 2019-07-16 19:27 | 自給自足・DIY