人気ブログランキング |


<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
長沼町にお住まいのN様夫妻から、時計型の絵のオーダーをいただきました。

きっかけは、別のお客様に時計型の絵を納品した際に、偶然隣の席に居合わせていたN様夫妻の目に止まり、「うちにも欲しい!」と声をかけてくださったのが始まりです。

後日N様夫妻のお家にうかがい、時計のサイズや飾る場所、絵のイメージなどを打ち合わせしました。

今回、作品のイメージの参考になったキーワードはこちらです。

・庭に桜の木とイチイの木が植えてあり、そこにうぐいすやエゾリスなどがよく遊びに来る。
・ご家族みんな音楽が好きで、よくお家にみんなで集まって演奏会のような催しをしている。
・お家の内装のほとんどが木の無垢材で出来ている。

これらを参考に、完成した時計を納品してきました。
a0212970_114824.jpg
【春の演奏会】

サイズ:330mm×330mm×35mm
画材:アクリル絵具(アムステルダムアクリリックカラー)
キャンバス・素材:木製電波時計

庭の桜の木が咲き始め、うぐいすやルリビタキなど春の訪れを告げる小鳥やエゾリスたちが集まり、みんなで春の訪れを告げる演奏会をしています。

桜の木はスズランのラッパを吹き、イチイの木はオオバコのバイオリンを弾き、エゾリスは木にぶら下げてある水晶玉でリズムをとり、小鳥たちが美しい歌声を響かせています。

時計は既製品の電波時計を仕入れて分解し、文字盤をヤスリで削り、絵を描いて再び組み立てました。

素材は、無垢材で出来たお家の雰囲気を損なわないように、全体が木製の時計を選びました。

完成した時計は、食卓側のカウンターキッチンの上の壁にかけていただきました(^▽^)
a0212970_15202851.jpg

余談ですが、既製品を使った作品を販売する際に、古物商の免許が必要だということを友人に聞き、今年古物商の免許を取得しました。

北海道公安委員会 古物商許可証
第101280001881号

免許は、都道府県の公安委員会に申請すると、40日〜60日位で取得出来ます。(申請費用19000円)

参考URL:http://www.recycle-tsushin.com/kobutsu.html
友人が新しく始めたカレー屋「GOZA Curry」。

そのGOZA Curryがイベント等に出店する際に使う、看板のオーダーをいただきました。

友人の希望で、看板が出来ていく過程もお客さんと一緒に共有したいとのこと。

そこで今回は、友人が企画したGOZA Curryのカレーをお客さんに振る舞うイベント中に、お客さんの前で看板を描くことになりました。

イベントの会場になったのは、札幌市中央区のCafe Raw Life。

イベントは昼頃から始まり、訪れたお客さんにGOZA Curryこだわりのカレーが振る舞われていました。

僕は、看板のキャンバスを作るのに少し時間がかかり、夕方お店に到着しました。

a0212970_532511.jpg

看板制作(ライブペイント)の準備をして、まずはGOZA Curryのカレーを食べてみました。先に食べてからの方が看板のイメージがつかみやすいと思ったからです。

僕が頼んだのはこちらのカレーです。
a0212970_5325246.jpg

早速食べてみると、想像していたよりずっとうまい!!(((o(*゚▽゚*)o)))

これで看板制作のモチベーションが一気に上がり、約2時間で看板が完成。

完成した看板がこちらです。
a0212970_5325426.jpg
【GOZA Curry 看板】

サイズ:2100mm×1800mm
画材:アクリル絵具(アムステルダムアクリリックカラー)
キャンバス:ベニヤ板


看板の形は友人の希望で、イベントで出店する際に車に直接立てかけて使えるように、L型にしました。

また車で持ち運べるように、コンパクトに折りたためるように加工しました。

中央のAの文字あたりと、右側の上に伸びている部分が、調度半分に折りたためます。

a0212970_5325711.jpg
完成した看板とGOZA Curryオーナー(友人)


イベントは夜まで続き、終始たくさんのお客さんで賑わっていました。

カレーはめでたく完売(^▽^)パチパチパチ
先日、お世話になっているA様から、絵のオーダーをいただきました。

北海道を離れてしまうご友人に、絵をプレゼントされたいとのことでしたので、早速A様と打ち合わせをし、お伺いしたご友人の情報を元に、絵の構想を練りました。

<今回のキーワード>
・ご友人は女性の陶芸家さん
・愛猫を2匹飼っている
・北海道から山形県へ転居される

ご友人のブログに愛猫が良く登場していたので、そのブログも参考にさせていただきました。

完成した作品はこちらです。
a0212970_0241286.jpg
【ベニバナ咲く道】
サイズ:200mm×200mm
画材:透明水彩(ホルベイン)
キャンバス:水彩紙(ホワイトワトソン)


ご友人が陶芸をしている横で、2匹の愛猫がその様子を見ています。

その奥には道が続いていて、その道の脇にベニバナ(山形県の県花)が咲いています。そして、その道の向こうには光がさしていて、その上には虹がかかっています。

虹は、正しい方向に進んでいる時のサイン。(と僕は思っている)

それらを統合して、「ここ(北海道)から先へ続く道(山形県への転居)は、明るく開けていて、きっとすべてが良い方向へ向かっていく。」という思いを込めて描きました。

先日A様から、無事に絵をお渡し出来たとの連絡があり、とても喜んでいただけたようです。( ´ ▽ ` )ヨカター
いつもお世話になっている苫小牧市のT様から、ご自身が経営されているお店の店内に飾っていただく絵のご注文をいただきました。

打ち合わせさせていただき、お店のママさんが飼っている2匹の愛犬を描くことになりました。

完成した絵がこちらです。
a0212970_1925445.jpg
【小さな守り神】
サイズ:300mm×400mm
画材:透明水彩(ホルベイン)
キャンバス:水彩紙(ホワイトワトソン)


沖縄のシーサー(守り神)のようなイメージで、対になっている2匹の愛犬を描きました。

飾っていただくお店が飲食店(スナック)なので、「いたわり」「思いやり」「慰め」「感謝」など飲食店にぴったりの花言葉をもつポピーの花を、愛犬のまわり一面に描きました。

実は以前に、T様にご注文いただいた絵がすでに店内に飾られており、今回の絵と合わせて2枚の絵を店内に飾っていただけることになりました。

以前から店内に飾っていただいている絵はこちらです。
a0212970_1925621.jpg
【季節の語り部】
サイズ:420mm×297mm
画材:透明水彩(ホルベイン)
キャンバス:水彩紙(ホワイトワトソン)


毎度ありがとうございますm(_ _)m

今回ご紹介した2枚の絵は、苫小牧市大町にあるスナック「Shiina」(シーナ)に飾っていただいています。

苫小牧にお越しの際は、ぜひスナック Shiina(シーナ)へ足をお運びいただき、きれいなママさんと美味しいお酒と、ついでに僕の絵を見に来て下さい(^▽^)

以下、スナック Shiina(シーナ)の詳細です。


【スナック Shiina】(シーナ)

住所:北海道苫小牧市大町2丁目1-6 K-1プラザ1F

TEL:0144-35-0417

※営業時間や定休日等は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ下さい。
以前、家中の家電の電気の使用量を調べたことがありました。

うちの電気使用量第一位は、やはり冷蔵庫でした。冷蔵庫だけで、うちの電気使用量の4分の1にあたります。

2位は、なんと炊飯ジャーでした。2日に1回炊いた計算で、2位です。もし毎日炊いたら冷蔵庫に匹敵します。

3位は、リビングの照明、そして電子レンジ。4位以下は洗濯機やドライヤー等が続きます。

そこで、僕らは炊飯ジャーを使うのをやめて、土鍋でご飯を炊くことにしました。

これが以外と簡単で、しかも美味しいのでご紹介します。

うちで使っている土鍋は、ごく普通の土鍋です。
a0212970_18344813.jpg

この土鍋でいつも3合炊いていますので、今回は3合炊きの手順をご紹介します。

①3合のお米をとぐ。

②といだら、お米にかぶる位水を入れて、30分以上放置する(吸水させる)。

③吸水させたら、残った水と合わせて630ccになるように水を足す。
※残った水+足した水=630ccという意味です。

④土鍋を火にかける。
※火は最初から強くせず、弱めの中火から始めて→中火→強火と段階的に強くして沸騰させると、ご飯が焦げずにうまくいく気がします。

⑤沸騰したら中火にして、5分炊く。

⑥5分たったら、弱火にして4分炊く。

⑦4分たったら、火からおろして10分蒸らす。

⑧10分蒸らしたら、しゃもじでご飯を混ぜて出来上がりです。


吸水時間をのぞけば、トータルでかかっている時間は、土鍋を火にかけてから大体30分位です。

うちではこれを薪ストーブでやっているので、電気もガスも使わずに美味しいご飯が炊けます(*´ー`*人)。

土鍋で炊いたご飯は本当に美味しいので、ぜひお試しください(^▽^)
今年の6月にチャリティー100kmウォークなるものに挑戦してみました。

この100kmウォークは、今年で13回目になる空知単板工業主催のイベントで、滝川、砂川、赤平など空知管内のコース100kmを28時間以内に歩くというもの。

人間の歩くスピードは時速4km位ですので、休まないで普通に歩き続けたとしても25時間かかる計算になります。

この無謀な大会への参加を僕にすすめてくれた既得な方は、去年個展をさせていただいた滝川のピーベリーという喫茶店のご夫婦です。

ご夫婦も毎年ボランティアで参加し、チェックポイントで参加者にコーヒーを提供しています。

この無謀な大会に、友人を誘って2人で挑戦してみました。

出発前の集合場所。「滝川ふれあいの里」
a0212970_057023.jpg

今年の参加者は、主催者発表によると1000人位でした。

参加前にゼッケンが配られました。僕はゾロ目ナンバー111。
a0212970_0565758.jpg


まだ僕らはこの時この100kmウォークをなめており、これから始まる地獄のような苦しみを全く予想していませんでした。

僕らは一緒に登山で1日40km以上縦走したり、片道7時間近く歩いてとある山奥の野湯に行ったり、とにかく体力に自信があったのです。

朝8:00にみんな一斉にスタート。

ゴールまでに10ヶ所程チェックポイントがあり、そこで食べ物や飲み物などの提供や、ボランティアの方々のマッサージ等が受けられたりします。

最初意気揚々と歩いていた僕は、25km位の地点で、少し右足首に痛みを感じ始めました。

まあそのうち治るだろうと、右足をかばいつつ何時間か歩いてやっと最初のチェックポイントに着いた時には、右足首がかなり痛くなっていました。

少し休んでまた次のチェックポイントを目指します。すると今度はかばっていた左足首が痛み出しました。

両足首が痛む中、途中休みながら歩き続け、40kmをすぎたあたりにあるチェックポイントに着いた時は、ゴールまであと半分以上もある事実に、ただ呆然としました。

ボランティアの方にマッサージをしていただきました。
a0212970_057384.jpg


しばらく休んでまた歩き出すと、歩き出した途端両足首に激痛が走ります。

しかし、負けず嫌いな僕らにはリタイアという文字はありません。

僕らは痛みに耐えてひたすら歩きました。痛みのあまり段々と謎の怒りが込み上げてきます。「もうこんな大会2度と参加しない」と心に誓いました。

しかし歩いても歩いてもゴールはずっと先です。途中何度も心が折れそうになりました。

ほとんど寝ないで夜通し歩き、段々と辺りが明るくなってきました。

タイムリミットは昼の12:00。このままいくと制限時間ギリギリになるかもしれないことに気づきました。

僕らには、今回で完歩出来なければまた参加するという選択肢はないので、悔いを残さないためには、制限時間内に絶対に着かなければなりません。

一歩一歩歩くごとに激痛が脳を直撃します。まるで拷問を受けているようでした。もう最後の方は気力だけで歩き続けました。

ゴール手前のチェックポイントで、やっとの事でピーベリーのご夫婦に会えました。

「100km歩いてピーベリーの美味しいコーヒーを飲みに行く」という僕の挑戦がひとつ達成された瞬間でした。

しかし、喜んだのもつかの間、もう残り時間がギリギリです。

激痛に耐えながら、「もうすぐこの地獄から解放される。」その一心で歩き続けました。

残り時間30分を切った頃、ようやくゴールが遠くに見えてきました。どれほどこの時を待ち望んだことか。

ゴール付近で、スタッフのみなさんが拍手で迎えてくれました。口々に「おめでとう!!」「お疲れさま!!」と暖かい言葉をかけてくれました。

「やっと終わる・・・。」そう思うと涙が溢れてきました。

そして11:45、友人と一緒にゴール!!!

制限時間15分前でした。
a0212970_057144.jpg


こうして、トレーニングもせずぶっつけ本番で挑んだ僕らの無謀な挑戦は、激痛と感動で幕を閉じました。

その後、僕は足首が2倍くらいに腫れ上がり、一週間まともに歩けなかったことは言うまでもありません(;^_^A
カミさんと北海道の当別町という田舎町に引越してきて早3年。

もともと、絵描きの仕事をしながら田舎で自給自足的な暮らしをするのが夢だったのですが、今年は念願の薪ストーブを設置しました(^▽^)

薪ストーブは業者さんに設置を頼むととても高くつくので、材料だけを仕入れてDIYに挑戦しました。

薪ストーブは本体よりも煙突が命!

煙突にはシングル煙突と二重煙突というのがあるのですが、シングル煙突は二重煙突に比べて安価で設置コストが安くなる半面、燃焼効率が悪く、煙突にススが付きやすいので、薪の消費量が多くなり、煙突掃除がとても大変になるという欠点があります。

煙突は、1度設置してしまえばほぼ一生ものなので、初期投資は高くなりますが将来のことを考えて、二重煙突を設置することにしました。

二重煙突やその他の部材は、ホンマ製作所のものをジョイフルエーケーで注文して購入。

ゆくゆくは、北欧のしっかりした鋳物ストーブを設置したいので、そういうストーブに合わせて煙突は150Φ(二重なので外寸は200Φ)を選択しました。

まずは家の寸法を測り、煙突を設計。煙突には、天井から60cm以上、壁から30cm以上等の安全距離があり、その安全距離に基づいて設計しました。

煙突を壁から出すため、メガネ石の大きさを測り、壁を四角く切り抜きます。
a0212970_1491152.jpg
Before


a0212970_1572790.jpg
After


煙突の荷重に耐えられるよう切り抜いた穴の内側に木枠を作り、そこに火災防止のためのメガネ石をはめ込みます。
a0212970_1574589.jpg


その上からメガネ石カバーをかぶせて、雨が入らないよう外壁側のカバーのまわりをコーキング。

煙突を差し込み、煙突とメガネ石の隙間に断熱ロックウールを詰め込んで隙間を塞ぎます。
a0212970_113051.jpg
90°の曲がり部分は、煙突掃除がしやすいように、下側にフタがくるように設置しました。

屋根の出っ張りをかわすため、45°の曲がり煙突を2つ使い、屋根の1m上まで煙突を伸ばしました。煙突の固定には、「二つ割り200Φ用」と「支え脚DX」という部材を使って壁と固定しました。
a0212970_1125985.jpg


家の中の煙突は、壁出し部分以外はシングル煙突で良いと言われているので、残りはシングル煙突の150Φを使用。

煙突にお金を使い過ぎたので、今年は5000円の安い鉄板薪ストーブで乗り切ることにしました。こちらもホンマ製作所で購入。

この鉄板薪ストーブの煙突形は106Φだったので、ジョイフルエーケーに頼んで106Φ→150Φの変換アダプターを特注で作ってもらいました。これで煙突は完成。

ついでにストーブの炉台もDIYしました。

建設会社さんから余ったレンガを格安で譲っていただき、廃材のツーバイフォーで木枠を作ってそこにレンガを並べ、目地に耐火モルタルを詰めて完成。
a0212970_113024.jpg

壁とストーブの距離が1m以内なので、念のため耐熱の軽カル板を立てて簡易的な炉壁を作りました。

こうしてめでたく薪ストーブが完成!(^▽^)パチパチパチ
a0212970_113139.jpg


トータルでかかった費用は約20万円。費用のほとんどは二重煙突です。(((o(*゚▽゚*)o)))

薪は、建設会社さん他からいただいた廃材や、伐採の仕事をした時にもらった木等々、とりあえず3年分位は確保しました。

最初はぎこちなかった薪割りにも慣れてきました。ちなみに薪割りを1時間やると、男性ホルモンが50%増加するそうです(笑)

念願だったので、毎日薪を炊くのがとても楽しいです(^▽^)

畑の野菜を植えていない部分が結構広いので、ゆくゆくは成長の早いシラカバなどを植えて、薪も自給したいなと思っています。
こんばんは(^-^)

久々のブログアップです。

放置していたせいでブログに書きたいことが山ほどたまっているのですが、それは次回からのブログでさせていただくということで(^_^;)

今日は、明日の衆議院議員選挙の投票率アップのために制作した、短編アニメーション作品の紹介をさせていただきます。


短編アニメーション 【選挙へ行こう】


僕が初めて作った短編アニメーションです。

突然の衆議院解散で、全く準備をしていなかったものの、投票日までに間に合うように頑張って作りましたので、ぜひご覧ください(^-^)