人気ブログランキング |


以前から制作中だったPC閲覧用ホームページが、昨日完成しました!

新しいホームページのタイトルは、「絵描きの花道」です。

新しいホームページのアドレスは、http://opengate021.jp/ になります。

今まで使用していた携帯閲覧用ホームページも、新しいホームページのTOPページで「mobile」を選択すれば引き続き閲覧出来ます。

PCはあまり得意な方ではないので少し大変でしたが、1度作ってしまえば後は少しずつ更新するだけなので、やっと完成して少しほっとしています。

新しいホームページの完成と同時に、「絵描きの花道 online shop」をオープンしました。

こちらは新しいホームページの「shop」コンテンツから閲覧出来るようになっています。

現在online shopでは、ポストカードや原画を販売していますが、これからオリジナルグッズや、1点ものの作品などを、除々に増やしていく予定です。

今年の4月20日に、お世話になったバイト先を辞め、独立してフリーで活動するために準備をしていました。

そして昨日正式に税務署で開業届けを出してきました。

僕は、そもそも絵を描くことが大好きで楽しいから絵を描いています。

そして自分が絵を描くことで誰かが喜んでくれたり、プラスになる何かを受け取ってもらえることが何より嬉しくて絵を描いています。

始めは、お金をもらうことに大きな抵抗がありましたが、もっと人に喜んでもらいたい、そのために絵の活動にもっとたくさんの時間を費やしたい、という思いから、活動に費やしたエネルギーと引き替えにお金をいただいて、それをさらに大きな喜びのために使っていきたいと思い、独立してフリーで活動することに決めました。

みんなそれぞれ、その人に合った生き方というのがあると思います。

アメリカの天才ゴルファー ボビージョーンズは、「一番好きなことは、職業にせず趣味ですべきだ。」という確固たる信念のもと、弁護士の仕事をしながら、全英アマ、全英オープン、全米アマ、全米オープンに優勝し、グランドスラムを達成して英雄になりました。

ぼくの人生は、ぼくが自由に決めることの出来る唯一の物語です。

ぼくが最も幸せだと感じる生き方を、ぼくは選びます。

それが、最終的にはたくさんの人たちの幸せにつながっていくと信じています。

来月は、札幌のギャラリー「品々法邑」で作品展を開催します。詳細が決まり次第お知らせします。

お楽しみに!
6月20日から始まった「奈良裕之と4名のアーティスト個展」が、無事終了しました。

期間中たくさんの方がご来場してくれました。

僕は、住居が札幌ということもあり毎日在廊することはできませんでしたが、期間中は個展メンバーの藤川智恵さんが毎日朝からお店が閉まるまで常駐してくれました。大変だったと思います。どうもありがとう。お疲れさまでした。

智恵ちゃんが今回出展したメインの作品は、点で描いたマンダラ。お見せ出来ないのが大変残念ですが、離れて見ると美しいマンダラ模様が、接近してよく見ると全て点で出来ているのです。感動しました。

もう一人の個展メンバーの鮭川長司さんはもうお亡くなりになられていて、かわりに鮭川さんの展示全般は、鮭川さんのお孫さんのえみちゃんが搬入から搬出まですべて担当してくれていました。

長司さんの作品は水彩絵具で近隣の風景を描いたものでしたが、とても優しくて、落ち着きのある素敵な作品でした。

個展期間の中盤から、鮭川長司さんの奥さんである「マサさん」のちぎり絵も展示されました。

マサさんは70歳になってから長司さんのすすめでちぎり絵を始めたそうですが、70歳から始めたとは思えない素晴らしい作品ばかりでした。

そして、札幌の画家さんで奈良さんの友人でもある田口陽子さんの作品は、パステルとペンや筆を使って描いた女神さま。

大きな作品を3点と、作品を小さなファイルにまとめたものを出展されていましたが、本当にどの女神さまも素晴らしくて、思わず陽子さんに「全部欲しいです。」と言ってしまいました。

そして、今回の個展のメインの奈良裕之(ならゆうじ)さんの書と写真。書は掛け軸のようになったものを2点と、ファイルにまとめたものを多数出展されていました。

写真は、何十点かある中からみんなで選んで10点近くを展示しました。

写真は、風景写真のようなものは数点だけで、その他のほとんどの写真は、色と光のアートというべきか、この写真は何のどの部分なのかという疑問を超えた、独特の世界でした。

書は、文字になっているものも何点かありましたが、ほとんどが奈良さんのフィーリングで描かれた独特の書。

26日最終日は、16:00から個展会場で奈良さんの書のパフォーマンスが行われ、会場に集まった人たちからのお題を書にしてくれました。

お題が僕にまわってきたので、ぼくは、ならゆうじさんご本人の名前を書いてもらいました。大きなサインみたいですね。現在我が家にあります。

18:00からは、個展会場のセレクトショップ「Regent」の中庭で、かたつむりスピードと奈良裕之さんのコンサートがありました。

a0212970_956104.jpg
かたつむりスピード LIVE

a0212970_957677.jpg
奈良 裕之さん(演奏前)

かたつむりスピードは、ギターボーカルのたっちゃん(新谷達郎)と、ジャンベ&コーラスのクロちゃん(苫小牧Bar old マスター)のユニット。メッセージ性のある歌と、途中に笑いも交えて、会場を暖めてくれました。

その後、奈良さんによる民族楽器を使った即興演奏がはじまりました。

瞑想音楽と言って良いのかわかりませんが、奈良さんの演奏がはじまると共に会場が静まり、皆ひとつひとつの音に聴き入るように心を澄ませて、次第に奈良さんの音の世界に吸い込まれていきました。

途中奈良さんは楽器を演奏しながら、会場を縦横無尽に歩き回り、目を閉じて聴いているとどこから音が鳴っているのかわからなくなるような不思議な感覚になりました。今まで聴いたどんな音楽とも違う、独特の世界でした。

19:30頃コンサートが終わり、個展会場を片付けて、苫小牧のBar oldでアフターパーティーがありました。

特別ゲストとして、和寒町のバンド「根繋ぎ」のライブがありました。

メインボーカルのヤーマン・シンゴは、以前CDジャケットを描かせてもらったこともある僕の友人で、バンドを組んでからの演奏を聴くのは初めてでしたが、格段にレベルアップしていて、とても良いバイブスをもらいました。

パーティーが終わり、お世話になった個展メンバーとお別れ。

今回の個展を通して、とても良い経験になりました。そして素敵な仲間と出会えたことが本当に嬉しいです。

個展メンバーのみなさん、Regentのオーナーとスタッフのみなさん、搬入や準備、片付けを手伝ってくれたみなさん、今回の個展全般をオーガナイズしてくださった黄木さん夫妻、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。

そして、今回の個展に足を運んでくれたみなさん、応援してくれたみなさん、本当にありがとうございました。

さて、お待たせしていたPC閲覧用ホームページですが、近日公開できそうです。公開の際、ブログでお知らせ致します。お楽しみに!
昨日は、苫小牧市にある緑ヶ丘展望台にて、「とまこまいキャンドルナイト 2011」が開催されました。

天気は快晴。展望台の中や外の駐車場などに、出店ブースがたくさん並び、外ではライブも行われていました。

親子連れの人たちがたくさん来ていて、とてもにぎやかなイベントでした。

夜は、てんぷらの廃油で作ったというきれいなキャンドルが会場全体にたくさん設置され、とても幻想的でした。

ぼくは、展望台1階のエレベーター前で、「みんなでかこう おえかきひろば」と題して、お客さん参加型のライブペイントをしました。

用意したキャンバスは、ベニヤ板2枚分(180cm×180cm)。

画材は、小さな子供たちから気軽に参加出来るように、水彩クレヨンを用意しました。

16:00のイベント開始から、子供たちが集まってきてくれて、みんな楽しそうに絵を描いてくれました。
a0212970_7375564.jpg

a0212970_7382624.jpg


始まって約2時間で、もう描く所がない位色とりどりの絵で、大きなキャンバスが埋め尽くされました。

そして20:00頃、絵が完成。
a0212970_7393440.jpg

みんなが参加してくれたおかげで、おえかきひろばは大盛況。とても良い経験になりました。

イベントを作り上げてくれたスタッフのみなさん、来てくれたみなさん、参加してくれたみなさん、本当にありがとう。

今日から~1週間(6月26日)まで、苫小牧市のセレクトショップ「Regent」にて、展示が始まります。(前回日記参照)

ぼくの在廊予定日は、今日(20日(月))と、25日(土)、26日(日)です。

お時間のある方、ぜひお越しください。